個人事業主の引っ越し

こんにちわ!電脳せどりのゆーたです。

今日は個人事業主の引っ越しのお話をしたいと思います。

僕は自営業として電脳せどりをしています。

引っ越しの審査にあたって、自営業は厳しいと聞いては居ましたが、実際のところのお話です。

不動産屋にはあらかじめ自営業であることを伝えて審査が心配である事を伝えていました。

提出書類としては、確定申告書が必要との事でしたが、2018年度の分は作成途中のため提出できません。

2017年度分は持てますが、開業届を出した1か月分しか申請してないので、収入は微々たるものになるので、提出しても絶対に落とされます。。

んー困りました。

最終的には、不動産会社(管理会社)が大家さんに状況を話してokかNGかは

大家さんが決めるそうです。

今回も仲介手数料半額のエイブルの管理物件にしました。

エイブルの例でお話します。

エイブルの管理物件はJACCSが毎月の家賃引き落としをするため、まずはJACCSの審査があります。

記入して数分・・・・・いや~厳しかったですとのこと。

JACCSカードも持ってるし、ちゃんと支払いもしてるんだけどなw

JACCSがだめなら次の手があるそうです。

家賃の保証会社の利用です。

カースという会社の保証会社なのですが、初めて聞きました。

利用料は初回は家賃の半額。1年毎に更新料として1%が取られます。

普通に審査が通れば、必要のない経費なんで勿体ないですが、

審査が通らなければ、意味がないので致し方ないです。

カースの審査については、申込書類に記載して本人確認の電話がかかってきただけで、何か収入証明の様なものの提出はありませんでした。

数時間後には審査が通りましたとの連絡がありました。

大家さんもokとのこと。

大家さんからしたら、家賃を払ってくれないのが一番困ると思うので、

家賃の保証会社を利用すれば、NGってことはないとは思いますが。。。

結局は借りれましたが、普通に借りるより家賃保証会社を使う事になったので、

結構な出費になりますね。

自営業になって初めての引っ越しだったんで、勉強になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする